会津藩:会津城

御薬園の始まりと歴史

 
永享四年(1432)の頃、葦名氏十代盛久がこの地は霊地であるとし、別荘を建てました。十六代盛氏(天正年間・1573〜1591)の頃は葦名氏の全盛期で盛氏は別荘を復興しました。これが御薬園の創始とされています。その後は長い戦乱が続いたため、別荘はまったく顧みられなかったが、松平氏の藩祖保科正之は霊地の由緒をただして、庭園を整備し、保養所として用いるようになった。現在の庭園は三代正容の元禄九年(1696)小堀遠州の流れをくむ、園匠・目黒浄定と普請奉・行辰野源左衛門の手に成るもので、規模を拡大し借景を取り入れた築泉回遊式の大名庭園になった。

御薬園

<大名庭園

Back

※一口メモ
@会津藩の藩主家変遷:蒲生家⇒上杉家⇒蒲生家⇒加藤家改易⇒正保元年(1644)山形から保科(松平)正之が23万石で会津藩に入封。 
A幕末明治維新時の会津藩:慶応4年1月、鳥羽伏見の戦いで敗れた。2月、会津藩の藩主、容保は帰国して謹慎し、朝廷に罪を謝して嘆願書を出したが受け入れられず、会津戦に突入した。結局は百虎隊などの数々の悲劇を生み、他の東北諸藩を道連れに会津藩は敗れた。会津藩の藩兵の死者は2557人にのぼったという。会津藩は戦いの後、
25万石減封され斗南(三沢市の北方)3万石に移封された。 

平成27年秋再訪/会津藩
紅葉と雪景色の会津城/会津藩
会津藩 / 会津城 : 陸奥(福島)会津若松 保科松平家 家門 280千石 【溜間】 子爵    会津藩 
悲劇の白虎隊 本陣 さざえ堂 会津藩の藩主廟所 御薬園 蒲生氏郷墓所 ☆松平正之が正保元年(1644年)に会津藩に入封、9代220余年在封
会津藩探訪歴:昭和47年4月探訪/平成16年秋B/平成27年秋C再訪 会津藩 会津藩の支藩:上総飯野20千石
会津城が眺望出来る丘にある白虎隊士の墓/会津藩 御薬園)/会津藩
会津藩 会津城   会津藩松平家廟所  圧巻    会津藩 会津城 会津藩 会津城 会津藩  滝沢本陣/会津藩