明石藩:明石城   明石藩
 明石城切手門/月照寺
※一口メモ
 @明石城は元和3年(1617年)小笠原忠真が築城した。明石藩は小笠原家⇒戸田家⇒大久保家⇒藤井松平家⇒本多家⇒松平直明が越前大野藩から6万石で明石藩に入封し明治まで在封。
 A幕末明治維新時の明石藩:明石藩は鳥羽伏見の戦いでは幕府軍に味方すべく兵を送ったが、時すでに遅く、将軍は江戸に帰った後だった。新政府軍を明石城に迎え勤皇の意志を表したが、信用されなかった。しかし、福井藩の松平慶永らの口添えで許され、その後の明石藩は北越方面での戦いで新政府軍として戦った(79名出兵)。当初の代償は大きかった、明石藩には3万両の献金が課せられた。
    明石藩、明石城未申櫓 (左)            明石藩、明石城巽櫓(右)
明石藩松平家菩提寺、長寿院の墓所            家老の1人、織田家長屋門

尾道海底ケーブル安全パトロール39才)帰途立寄る

明石藩 /明石城:播磨(兵庫)明石市 松平・福井分家 家門 100千石【大広間】 子爵   ☆松平直明が1682年に明石藩に入封し10代180余年在封
未申櫓・巽櫓現存 切手門移築 名水亀の井  明石藩菩提寺の長寿院  昭和59年8月探訪(尾道海底ケーブル帰路)、平成9年春・同20年11月再訪

明石藩、明石城のお堀/明石藩