秋月藩:秋月城
秋月藩 /秋月城:筑前(福岡)甘木市秋月 黒田家・福岡藩分家 外様 50千石【柳間】子爵           筑前の小京都
        秋月藩の秋月城大手門・秋月城長屋門と土塁と堀  眼鏡橋  秋月藩黒田家菩提寺、古心寺と歴代藩主墓        秋月藩
秋月藩探訪歴:昭和48年4月探訪/平成3年夏B/同18年4月再訪C/同26年更新 黒田長興が1623年、分与され秋月藩を立藩し12代240余年在封

秋月藩黒田家の歴代藩主墓所

お土産に葛そうめんを買う
眼鏡橋
秋月藩300石の武家屋敷
秋月藩、秋月城の堀と満開の桜
秋月城長屋門(H3年&18年)
秋月城黒門(大手門)
秋月藩の城址門

※一口メモ
 @幕末明治維新時の秋月藩:秋月藩はどちらかといえば保守的な態度をとった。海賀宮門、戸原卯橘のように勤皇に奔走して非業の死を遂げた人や、執政の臼井亘理が反対派に暗殺される事件が起こったり、秋月藩の姿勢は勤皇、佐幕のどちらにもつかない日和見に終始した(それでも秋月藩からは222名が出兵した)。 このような秋月藩の姿勢から、新しい時代の波に乗り遅れた秋月藩の士族たちは、明治新政府に強い不満を持つようになり、明治9年(1876年秋)に秋月士族250余人が反政府の挙兵をして
「秋月の乱」を起こしたが、間もなく優勢な政府軍に鎮圧された。  

<小さな城下町

<幕末275藩

秋月藩黒田家菩提寺古心寺