赤穂藩:赤穂城
赤穂藩城下、花岳寺山門/赤穂城西惣門の移築 赤穂藩 花岳寺は赤穂藩の藩主森家/前藩主浅野家の菩提寺
赤穂藩森家の歴代墓所 断絶した浅野家墓所/浅野3代(長重・長直・長友)の墓 
赤穂藩  元禄14年、殿中松の廊下で刀傷事件の長矩の墓は東京の泉岳寺
赤穂藩/赤穂城 :播磨(兵庫)赤穂市 森家 外様 20千石【柳間】 子爵  赤穂藩  ☆森長直が1706年に赤穂藩に入封し12代160余年在封
赤穂城西惣門/花岳寺山門  復興の城門・櫓  大石長屋門  息継ぎの井戸  赤穂藩森家菩提寺の花岳寺    赤穂義士の城址
    森氏別家:播磨三日月藩15千石・備中新見藩18千石   赤穂藩探訪歴:昭和47年7月探訪問/平成8年11月/同20年11月/同26年8月更新
風誘う花よりもなお我はまた、春の名残を如何にとやせん (浅野匠之頭、元禄15年一ノ関藩江戸屋敷で切腹)
赤穂藩の赤穂城堀
赤穂藩赤穂城復興櫓

赤穂藩の赤穂城下の古い町並

赤穂藩、息継ぎ井戸/江戸からの急使が水を飲んだという

赤穂藩1500石浅野家家老、大石内蔵助長屋門                        赤穂藩1000石浅野家番頭、近藤源八長屋門

※一口メモ
 @赤穂藩の藩主変遷:池田家→浅野家(松の廊下殿中刃傷事件)断絶→永井家→宝永3年(1706)森長直が備中西江原から赤穂藩に入封し藩主家が    定着した。  
 A幕末維新時の赤穂藩:赤穂藩は大勢に順応し新政府側となり、姫路藩が恭順した後の姫路城の警衛を命じられた(赤穂藩の出兵は110名)。