尼崎藩:尼崎城
尼崎藩/尼崎城 ::摂津(兵庫尼崎市) 桜井松平家 譜代 40千石【帝鑑間】 子爵  松平忠喬が1711年尼崎藩に入封し7代150余年在封
 尼崎城跡は明城小学校に碑  近松門左衛門搬出の藩    尼崎藩の藩主縁の深正院   尼崎藩松平家菩提寺の”菩提寺”&歴代墓
 尼崎藩探訪歴:平成8年11月探訪(大阪の尼崎工場出張時は電車の車窓から毎回遠望)/同18年更新(菩提寺挿入)/同25年8月更新  
転勤族譜代大名:佐貫藩→田中藩→掛川藩→飯山藩→掛川藩→1711年に尼崎藩に入封

※一口メモ
@尼崎藩の藩主変遷: 建部家→戸田家→青山家→1711年、松平家が掛川から尼崎藩に入封し藩主家が定着

A幕末維新時の尼崎藩:尼崎藩は消極的な態度であったが、鳥羽伏見の戦いで幕府軍が敗れると、松平の姓を桜井に変え、尼崎藩内の葵の御紋を撤去するなど新政府に精一杯の恭順の意を表した(尼崎藩の出兵は60名)。
B近松門左衛門:元禄時代に劇作家として活躍した近松門左衛門は尼崎藩の武士であった(後に武士をすて劇作家となった)。   

尼崎藩、桜井松平家の菩提寺、菩提寺(寺の名)&桜井家歴代お墓と大正14年に東京から改葬の歴代藩主と奥方の墓
 (愛知県安城市桜井町 : 安城市歴史博物館天野さまご教示)   2006.09参詣

深正院の尼崎藩祖、松平忠喬墓
<尼崎教育委員会誌より>

尼崎藩、←尼崎城