安志藩:安志陣屋
安志藩(あんし):/ 安志陣屋 播磨(兵庫)姫路市安富町安志    小笠原家・小倉藩分家 譜代 10千石【帝鑑間】子爵  安志藩 
安富中に安志藩の陣屋碑。安志藩の陣屋移築門/真光寺。 安志藩藩主菩提寺の法性寺(2代、5代)・江戸の藩主菩提寺は広徳寺☆小笠原長興が1716年、安志藩に入封7代150余年在封   ※安志藩分家:時枝陣屋5千石   小笠原家は小倉藩150千石・唐津藩60千石・豊前千束1万石がある
安志藩探訪歴:平成8年秋探訪//平成25年5月再訪:大藪陣屋(小出家15百石)探訪途次

安志藩小笠原家の改葬墓。 広徳寺には 初代 長興/ 三代 長為/ 四代 長禎// 七代 貞孚の藩主が改葬されている

安志藩の陣屋側の佇まい

※一口メモ:@安志藩小笠原家は実質は宗家の家柄であるが、中津8万石時代に藩主(養子)長胤の行跡芳しからず、天保11年に領地を没収された。弟が中津4万石拝領したが、跡目が6歳で死亡した。筋目の家柄のため、播磨国に転封し安志藩1万石と名跡の相続が許された。
A幕末維新時の安志藩:姫路藩が新政府に恭順したために、安志藩は姫路城の諸門の警備を命じられた。   

安志藩、小笠原家菩提寺の広徳寺/練馬区 2011.05 
安志藩の陣屋跡の安富中
安志藩の陣屋門/真光寺
庵志藩の領地菩提寺だが、無住で荒れ果て、墓は無い(東京に改葬)?