有賀城/長野
有賀城(あるが):長野県諏訪市豊田(江音寺の背後)                                    有賀城探訪:2015.10 
有賀城は諏訪氏一族の有賀氏が鎌倉時代の初期に築城。 有賀城は諏訪と伊那谷を結ぶ有賀峠の諏訪側の入り口にある。武田氏の支配が諏訪に及び天文17年(1548年)に追放された。その後、原美濃守、千野靭負尉が有賀城に入城した。
関ヶ原の戦い後、慶長7年(1601年)諏訪頼水が27千石で入封し高島藩が成立。有賀城は高島藩の筆頭家老、千野氏(1200石)が幕末まで預かったが、麓の江音寺界隈に居館を置いた。
 
有賀城の登城口:江音寺の左側に有る/本丸まで15分          有賀城の本丸からみた諏訪の町
 
空堀 
 
 有賀城本丸 有賀城見取り図
 
 千野氏菩提寺の江音寺 高島藩筆頭家老家、千野氏の墓所
Back