麻田藩:麻田陣屋
麻田藩/麻田陣屋:摂津(大坂)豊中市 青木家 外様 10千石【柳間】 子爵      ☆青木一重が1615年に麻田藩に入封し14代250余年在封
麻田藩の陣屋跡は阪急蛍池駅前の蛍池公民館  報恩寺に麻田陣屋門と藩主屋敷表玄関移築  麻田藩青木家菩提寺の佛日寺
麻田藩探訪歴:平成9年12月探訪/同19年5月再訪/同25年8月更新  麻田藩分家:平尾陣屋(直参旗本青木家5千石) 
麻田藩の陣屋址 報恩寺の麻田藩陣屋門
報恩寺の藩主屋敷表玄関/麻田藩 麻田藩の麻田藩青木家菩提寺の佛日寺
                            麻田藩の青木家歴代墓所:墓所にはお寺さんの要許可

※一口メモ:@麻田藩の藩祖、青木一重は初め今川氏に仕え、今川氏が滅ぶと家康に召し出された。その後豊臣家に仕え、七手組の大将となった。大阪の陣のあと、家康に再度召し出され、麻田を居所としたことにより、麻田藩が成立した。
A幕末維新時の麻田藩:麻田藩の最後の藩主は江戸におり、上京が遅れたが、新政府に忠誠を誓い京都市内の警備に兵をだした。