浅尾藩:浅尾陣屋

浅尾藩

 浅尾陣屋跡に建つ碑  浅尾藩の陣屋塀
浅尾藩 /浅尾陣屋: 備中(岡山)総社市門田 蒔田家 譜代 10千石【菊間】 子爵  浅尾藩浅尾藩
定府大名。 文久3年(1863)旗本7700石から諸侯になる(江戸市中警備の功績)。 勝林寺の藩主墓所。 雪舟の鼠絵・宝福寺
1866年、長州藩奇兵隊により陣屋、武家屋敷焼失 浅尾藩 浅尾藩探訪歴:平成8年9月探訪/蝉、バッタが乱舞/同20年2月再訪
浅尾藩蒔田家菩提寺の勝林寺::H17.01参詣/東京都豊島区  (当寺は大老の田沼意次の墓もある=相良藩)
雪舟縁の宝福寺は閑静な禅寺/浅尾藩の陣屋跡から3km H20.02参詣

※一口メモ:幕末維新時の浅尾藩:幕末の1866年に長州第2騎兵隊の100余名が浅尾陣屋を攻撃した。このため浅尾藩では20余名の戦死者がでた。
又、鳥羽伏見の戦い後の浅尾藩は岡山藩と行動をともにし、備中松山城の接収に兵をだした。