足柄城
足柄城:神奈川県南足柄市矢倉沢(足柄峠の頂上近辺で静岡県にまたがっている) 足柄城探訪歴:2013.03
足柄城は足柄峠の頂上付近にある。足柄城は戦国時代に後北条氏により築かれた。豊臣秀吉の小田原征伐直前の天正18年(1590)3月、足柄城守将の北条氏忠(唐沢山城主)は、足軽100名のほか鉄砲・弓・鑓隊を率いて着任したが、4月1日に要衝の山中城が陥落すると、北条氏忠は小田原城に退却し、足柄城は依田大膳亮が守備。しかし、徳川家康の先手井伊直政の一隊によって攻撃され、10数名とも26名とも言われる雑兵を討たれ、大膳亮は退却し、足柄城は呆気無く落城した。
足柄城二の郭
足柄城の空堀跡と土塁跡
足柄城:一の郭↑。一の郭井戸→
足柄城三の郭から一、二の郭を望む
      三の郭
Back
笛伝授の石:八幡太郎義家の弟で笛の名手、新羅義光は苦戦の続く東北地方の戦いに援護のため手勢を連れて向かていたが、(戦死した場合を考え)部下に相伝の秘曲を伝授し京へ戻した。
足柄峠にある古来(平安期から)の「足柄の関」跡と関所破りの供養首塚