足守藩の陣屋跡

小さな城下町、足守藩

足守藩 /足守陣屋 :備中(岡山)岡山市足守 木下家 外様 25千石【菊間】 子爵  足守藩                 (豊臣秀吉の政所系統)
定府大名 近水園と吟風閣 家老屋敷 緒方洪庵生誕地  足守藩木下家菩提寺の大光寺 ☆木下利房が1615年に足守藩に入封し11代250余年在封
足守藩探訪歴:昭和54年探訪/平成20年再訪/同26年7月更新 足守藩 足守藩木下家別家:日出藩25千石/大分 足守藩
足守藩家老武家屋敷 足守藩の武家屋敷
足守藩、近水園と吟風閣 緒方洪庵旧宅跡/足守藩

<小さな城下町

<幕末275藩

※一口メモ:@足守藩の藩主家変遷:慶長6年(1601)木下家⇒領地没収天領⇒浅野家領地⇒天領⇒元和元年(1615)、除封されていた木下利房が大阪の陣の功により足守藩に入封した。
A幕末維新時の足守藩:維新時の足守藩は、鳥羽伏見の戦いのあと岡山藩と行動をともにし、備中松山藩の松山城の接収に従った。
B緒方洪庵(1810〜1863年)は、江戸時代後期の蘭学者、教育者。足守藩、佐伯惟因の三男として、この地で生まれた。15歳の時、父に従い足守藩大阪蔵屋敷に移った。大阪の蘭方医、中天游の門に入って蘭学をはじめ、文政13年(1830)、江戸に下り坪井信道の蘭学塾に入った。また、天保7年(1836)には長崎に遊学し、医学や西洋事情について学んだ。洪庵29歳の時、医業の傍ら蘭塾「適適斎塾(適塾)」をを大阪に開き、福沢諭吉、大村益次郎、佐野常民、橋本左内ら多くの門弟を育てた。また、洪庵はオランダ人によって伝えられた種痘に成功した。そして、嘉永3年(1850)には足守藩主木下利恭の招きに応じて、足守の除痘館で種痘(500人余)を施した。足守藩
C足守藩木下家の家祖、家定は豊臣秀吉の正夫人(北政所)の兄である。

足守藩の城下町の商家道筋
足守藩の足守藩木下家菩提寺の大光寺 / 6.7.10.13.14代藩主と子女等