足助城 
足助城:愛知県豊田市足助町須沢   足助城探訪:2010.06/2013.11再訪香嵐渓の紅葉
足助城の城主鈴木氏の動静。大永5年(1525)鈴木氏は松平氏に降りる。天文23年(1554)には今川方に降りる。しかし永禄7年(1564)には再び松平氏に降りる。足助城は元亀2年(1571)武田方の城となる。元亀4年(1573)には家康の長男、岡崎信康が足助城を攻め武田方を攻め撤退させ、旧主の鈴木氏が再度入城した。鈴木氏は、天正18年(1590)家康の関東転封に従う。足助城は廃城となった。鈴木氏5代の墓/香積寺。
足助城の城門:城門の前に駐車場あり             足助城西の丸や本丸への登城道
         足助城西の丸や本丸への登城道               堀切を挟んだ足助城全体
                足助城の西物見台                 足助城の南物見台
 足助城の本丸、高櫓と長屋
香積寺と鈴木氏五代の墓/室町時代から戦国時代にわたり足助城に在城した 
 Back