綾部藩:綾部陣屋

綾部藩/綾部陣屋:丹波(京都)綾部市  九鬼家・三田藩分家 外様 19千石【柳間】子爵  ☆九鬼隆季が1633年に綾部藩に入封、10代230余年在封
 綾部藩の陣屋跡は綾部小・大本教。  綾部藩九鬼家菩提寺の隆興寺。   鳥羽藩九鬼家56000石は後継争い後、幕府決済により、綾部藩19千石と三田藩36千石に分割された。                     部藩
綾部藩探訪履歴: 平成8年12月探訪:寝台急行”銀河”にて/同19年5月再訪/同24年8月更新
綾部藩の綾部藩九鬼家菩提寺、隆興寺と墓所
 

※一口メモ:@幕末維新時の綾部藩:禁門の変では幕府方で活躍したが、大政奉還後、いち早く恭順した。鳥羽伏見の戦いでの綾部藩は丹波口の警備を担当し、山陰鎮撫使にも兵を出した。
A綾部藩の始祖、鳥羽藩九鬼家とは:志摩地方を統一し、水軍を指揮して信長・秀吉に仕えた九鬼嘉隆は、天正6年(1578)に鳥羽を本拠に志摩・伊勢で35千石の知行地を得た。次いで、慶長2年(1597)、嘉隆の隠居により子守隆が3万石を継承した。そして、関ケ原の戦いでは親子がそれぞれ東軍・西軍に分かれ戦い、家康に認められた守隆は、慶長9年に関ケ原合戦の功績による2万石の加増と嘉隆の隠居料5千石を合わせて55千石を領することになった。さらに、元和元年(1615)には大坂の陣の功績などによって1千石の加増を受けて、都合五万六千石の大名となったのです。

寝台急行銀河に横浜駅23:30に乗車。早朝の6:40に京都駅着。(平成8年12月の綾部藩探訪)。