荏原城
荏原城:愛媛県松山市恵原町1132   河野氏の属将、平岡氏の居城  荏原城探訪歴:2012.09
荏原城は、室町時代から戦国時代の平岡氏代々の居城跡である(伊予の豪族河野家18将の首位)。荏原城の形式は平城で、高さ5m程の土塁を周囲に築き、方形の平地で、長さは約東西130m、南北120m、堀の幅は北側20m、西と東は14m、南は10mで、南側で外とつながっている。四隅に櫓があったらしく西南の隅に石積みがある。矢竹が植えられているのは、この期の城塁に共通する特色である。土佐の長曽我部氏の侵入を防ぐ拠点であったが、天正13年(1585)平岡通倚の時、豊臣秀吉の四国征伐により、道後湯築城とともに荏原城は落城した。その後、秀吉の随身し天正14年(1586)九州征伐に従軍した。平岡氏の菩提寺は浄瑠璃寺。 

荏原城は四方を堀に囲まれた平城

荏原城跡説明板
荏原城土塁
荏原城碑
     荏原城、土塁と居住地跡
Back