深沢城 
深沢城:静岡県御殿場市深沢字本城      深沢城探訪:2014.10
深沢城は平城。 甲斐・駿河・相模の国境の深沢の地は極めて重要であった。 永正年間(1504-20)に今川氏が築城した。その後、深沢城は天文年間(1532-55)に後北条氏が支配した。永禄11年(1568)武田信玄の駿河侵攻により深沢城は武田氏と後北条氏の争いの舞台となり、元亀元年(1570)後北条氏は開城した。天正10年(1582)武田氏滅亡に際して城主、駒井昌直は城に火を放って退いた。天正12年、徳川家康が三宅康貞を置いて後北条氏に備えたが、天正18年(1590)、後北条氏滅亡により深沢城は廃城となった。駒井昌直は江戸時代は旗本として存続した。 深沢城の移築城門。
 深沢城の城門:大雲院  深沢城址碑
 
           深沢城/三日月堀                    馬出し                        深沢城/三の丸
        深沢城/下馬溜                      深沢城/二の丸                      深沢城/本丸 
   ※深沢城跡は個人の農地となっている。
Back