吹上藩:吹上陣屋
吹上藩/吹上陣屋: 下野(栃木)栃木市 有馬家・久留米藩分家 譜代10千石【菊間】子爵  ☆有馬氏郁が1842年に吹上藩に入封し2代26年在封
吹上藩の陣屋跡は吹上中学校。  吹上藩有馬家菩提寺の祥雲寺/東京広尾。   <栃木市には幕府旗本の代官所あり 蔵の町栃木でも有名> 
                吹上藩探訪歴:平成8年5月探訪時大きな蛇2匹に仰天/同17年5月再訪/同25年8月更新
吹上藩の陣屋そばにある長屋門 蔵の町栃木
                     吹上藩の藩主である吹上藩有馬家の菩提寺、祥雲寺と藩主家墓所

吹上藩の城址碑は中学校の庭に建つている。

※一口メモ:@吹上藩の有馬家は、2000石の旗本であった有馬氏倫が八代将軍吉宗に仕えて8000石の加増を受けて享保11年(1726)大名となり、上総五井に立藩した。数代跡に居所を下野国吹上に移した(吹上藩).。宗家の久留米藩は外様大名であるが、吹上藩は直参旗本から大名になったので「譜代大名」である。
A幕末維新時の吹上藩:維新時の吹上藩は新政府軍として、足利市の梁田宿近辺での「梁田の戦い」に出兵した。吹上藩から65名出兵し、4名が戦死した、戦後の論功行賞で吹上藩は賞典金1千両を賜った。