福井藩:福井城
福井藩/福井城: 越前(福井)福井市 松平越前家 家門 320千石【大廊下】 侯爵    ☆松平吉品が1686年に福井藩に再封し11代180余年在封
養浩館庭園。 福井藩松平家菩提寺の大安禅寺と廟所H17.11参詣。 福井藩の福井城下にある柴田勝家の北の庄城址と墓所の西光寺。 福井藩
       福井城 福井藩福井藩探訪歴:昭和62年5月探訪/平成17年11月再訪B/同26年1月更新
福井藩、松平家菩提寺の大安禅寺と藩主廟所(クマ注意の小路を登る)

※一口メモ
@福井藩の藩主家変遷:慶長6年(1601)下総結城から結城秀康(家康二男)が68万石で入封(2代目忠直は豊後へ配流)⇒元和9年(1623)高田から忠直の弟である松平忠昌が福井藩に入封。  忠直の子、光永は高田藩へ転封、この家はのち除封⇒再興されて津山藩へ
A松平忠直公:福井藩2代藩主、忠直乱行の原因は父結城秀康への幕府の仕打ち不満と、大坂夏の陣での戦功(真田幸村を討った)への恩賞不満からの反抗心があったとされている。29才の若さで豊後へ配流され54才で没した。

B幕末維新時の福井藩:維新時の福井藩は、越後に向かい長岡・村上を転戦し、会津藩との戦いにも参戦した。福井藩は2034名出兵し、15名が戦死した。戦後の論功行賞で福井藩は
1万石の賞典録を賜った。
C松平慶永(春岳)公:幕末の第16代福井藩藩主。福井藩では人材の登用・藩制の大改革・富国強兵を行った。維新前夜の春岳は四賢候の一人として大政奉還の中心的役割を果たした。 

福井藩松平家(越前)支藩:前橋藩170千石・松江藩186千石
                津山藩100千石・明石藩100千石
                出雲広瀬藩30千石・出雲母里藩10千石
                越後糸魚川藩10千石
越前家とは:徳川家康の次男、結城秀康系

Back

桜の福井城は/福井アルミ工場帰途に立ち寄る:福井藩

北の庄城址
(福井駅から5分。市街化されている)
 柴田勝家と信長の妹、お市の城址。
 廟所は西光寺にある。H17.11参詣
 、
福井藩の養皓館庭園は森閑としていた