福岡藩:福岡城
福岡藩、福岡城大手下橋と潮見櫓t      福岡城天守台

Back

福岡城多聞櫓と隅櫓、福岡藩

※一口メモ:@福岡藩の藩主家変遷:小早川家⇒慶長5年(1600)黒田長政が中津から福岡藩に入封した。
A幕末維新時の福岡藩:幕末の福岡藩は佐幕的で、勤皇派を粛清した。しかし鳥羽伏見の戦いの結果をみて恭順し、勤皇派処分の責任は3人の家老の切腹となった。その後、福岡藩は関東・東北の戦線に2,260余名の兵を送り、死者も57名に達した。 維新後に福岡藩は財政難のため、太政官札の偽物を作るという「贋金づくり事件」を起こした。この責任は6名の死罪、最後の藩主は閉門・反知事免職となった。尚、
論功行賞で福岡藩は1万石の賞典録を賜った。

福岡藩6代藩主継高公が設けた友泉亭/(のんびりと抹茶を楽しんだ、2006.10)
福岡藩黒田家の菩提寺、宗福寺の移築桜門と歴代藩主墓 圧巻

 母里太兵衛(1556年-1615年)
   黒田24騎の1人で18,000石。
   福島正則から名槍”日本号”を飲み
   取った豪傑。

福岡藩/福岡城: 筑前(福岡)福岡市 黒田家 外様 520千石【大広間】 侯爵 福岡藩  ☆黒田長政が1600年に黒田藩に入封し12代270年在封
福岡城大手下橋と潮見櫓・多聞櫓と隅櫓が現存 宗福寺の福岡城移築桜門と福岡藩黒田家の墓 友泉亭 大濠公園 福岡藩  
福岡藩探訪履歴 昭和47年9月探訪/平成9年冬/同18年10月再訪多/同24年6月更新  福岡藩 福岡藩の支藩:秋月藩50千石
福岡藩の豪傑、母里太兵衛長屋門