福山藩:福山城
福山藩/福山城: 備後(広島)福山市  阿部家 譜代 110千石【帝鑑間】 伯爵    ☆阿部正邦が1710年に福山藩に入封し10代160余年在封
福山城/伏見櫓・筋金門・鐘櫓 幕末の老中阿部正弘  福山藩阿部家菩提寺の松平西福寺&歴代一族墓所 福山藩  
福山藩探訪歴:昭和54年7月探訪/平成8年夏庭瀬城/同25年5月再訪  福山藩の支藩:上総佐貫16千石 他に陸奥棚倉藩100千石

福山藩、

福山城鐘櫓
京、伏見城内にあった月見櫓(復元)
福山城天守閣:昭和54年/平成25年

※一口メモ:@福山藩の藩主変遷  福島家領地→水野家(収公)→松平家(奥平)→1710年、阿部正邦が宇都宮から福山藩に入封し藩主家が定着。
A幕末維新時の福山藩:鳥羽伏見の戦いのあと、長州藩から攻められ、直ちに恭順の意を表し、福山藩は函館方面等に出兵し奮戦した。福山藩からは632名出兵し、25名が戦死した。戦後の論功行賞で福山藩は賞典録6千石を得た。
B福山藩阿部家7代藩主阿部正弘:(1819-1857)。25才の若さで老中になり、老中首座として安政の開港を断行した。  

谷中の福山藩歴代藩主墓石群は壮観//H17.03参詣
大都会の波に呑み込まれ・・・福山藩の菩提寺、 松平西福寺//台東区 
福山藩、福山藩、福山城伏見櫓
福山藩、福山城筋金門