鹿児島の麓:薩摩藩の外城
麓  地頭仮屋 外城 鹿児島の麓  石敢当 南方神社 薩摩藩の外城    
 私のふるさと島津家77万石の薩摩藩は、1615年の「一国一城令」により、鶴丸城以外の城は全て破却し、それに代わるものとして、外城 (とじょう)とよぶ「麓」を置き、「御仮屋」とか「地頭仮屋」といわれる在地役所を中心に、その周囲に犬槙の生垣、石垣造りの郷士屋敷の集落を形成した。
 私領主や地頭は鹿児島城下に住み、現地の行政執行は麓三役(郷士年寄・組頭・横目)が執った。また、「野町」という町人町は麓の側に作られた。幕藩体制が崩壊して145年の歳月が経った今でも
「麓」という地名や馬術教練の「馬場」という地名が鹿児島県(薩摩国・大隅国)や宮崎県南部(日向国)には残っている。薩摩藩の外城は島津一門や重臣の私領地
が21ケ所、島津宗家直轄の地頭所が90ケ所あったという。

   
麓」は郷士(普段は農業を営み、有事の際は戦う武士)が住む集落なので”城下町特有の華やかさは皆無” だがそこには ”時を越えた温もりが未だ残っている”・・・・ ふるさとの麓を帰省の折々に訪ね、その景観を残しておきたい。私領地では郷士でなく家中士といった。

 薩摩藩はキリスト教のみならず、一向宗(浄土真宗)の信仰を禁止(山之口麓に遺構)し、租税も8公2民(普通は4公6民)という重い租税であった.。
【鹿 児 島】 鹿児島の麓                 小松帯刀             
日置市 伊作麓 伊作城(故郷) 伊作太鼓踊 南方神社 吉利麓 ○小松家2,600石 小松帯刀/幕末城代家老  伯爵  
永吉麓   永吉島津家4,400石 島津家墓所 南方神社 日置麓 △日置島津家6,500石 島津家墓所 南方神社男爵  
伊集院麓   地頭仮屋門 妙円寺詣りの徳重神社  東市来麓   市来郷の一村の長里麓  鶴丸城の麓  
美山   伊集院郷の一村 薩摩焼の里 沈寿官窯              
鹿児島市 喜入麓 ○肝付家5,500石 肝付家墓所 南方神社 吉田麓   武家屋敷門  地頭仮屋跡  
郡山麓   比志島家 郡山城の麓 地頭仮屋跡 谷山麓   伝、豊臣秀頼の墓  
桜島麓   大正3年の噴火により溶岩下に埋没  南方神社                   
南さつま市 加世田麓 ○知行13,000石  武家屋敷群 別府城ふもと 田布施麓   亀ケ城の麓  麓バス停 石敢当  尾下南方神社  
阿多麓 △武家屋敷門数基  麓の形態を残す 久志麓   坊津町久志 小さな郷村の麓  
南九州市 知覧麓 さつまの小京都 佐多島津家 陸軍特攻基地 川辺麓   平山城の麓 南方神社  
頴娃麓   頴娃城の麓  南方神社 勝目麓   勝目城の麓  
指宿&枕崎市 今和泉麓 島津一門4家12,000石 天璋院篤姫実家 男爵 山川   地頭仮屋跡は山川庁舎 南方神社  
指宿麓   松尾城の麓 小さな麓 鹿篭麓 喜入家4,000石 喜入家墓所 南方神社  
いちき串木野市 市来麓   地頭仮屋跡は市来支所 串木野麓   串木野城の麓 南方神社  
出水市 出水麓 薩摩藩最大の麓 御仮屋門 武家屋敷群 野田麓 武家屋敷通り 島津家1〜5代の墓/感応寺  
高尾野麓   高尾野城の麓 地頭仮屋跡 小さな麓              ≪みっちゃびい・・水遊び≫    
湧水町 栗野麓   松尾城の麓 吉松麓   亀鶴城の麓 南方神社  
伊佐市 湯之尾麓   (湯之尾郷の麓) 湯之尾城の麓 本城麓   (本城郷の麓) 太良城の麓  
菱刈麓   馬越郷の麓で現地名は前目麓 南方神社 曽木麓   (曽木郷の麓)  曽木城の麓  
大口麓   大口城の麓 祁答院家武家屋敷 羽月麓   (羽月郷の麓) 羽月城の麓   
山野麓   (山野郷の麓) 山野城の麓                 
さつま町 宮之城麓   宮之城島津家15,700石 島津墓所     男爵 佐志麓   佐志島津家2,800石   
山崎麓 地頭仮屋門  武家門数基  山崎城の麓 鶴田麓   梅君ケ城の麓 南方神社 麓の景観少ない  
薩摩川内市 入来麓 入来院家5,000石 武家屋敷群 入来城の麓 蘭牟田麓   樺山家 麓の景観少い  
平佐麓   北郷家7,900石  北郷家墓所  
隈之城麓   二福城の麓 武家門数基
高江麓   峰ケ城の麓 江之口橋(石橋)
永利麓   永利城の麓 山田郷の小さな麓
高城麓   妹背城の麓  地頭仮屋跡
水引麓   水引城の麓 宮内麓 地頭舘跡
平島麓 武家屋敷門数基  南方神社
桶脇麓 樋脇城の麓 麓の形態良
黒木麓   黒木島津家3,000石 島津どんの墓
大村麓   大村古城の麓 
東郷麓   鶴ケ岡城の麓 小路郷が中心
石敢当 西方御仮屋   薩摩藩主参勤交代の御仮屋跡 ☆麓で良く見る景色//麓バス停と南方神社☆  
里麓 △上甑島 武家屋敷通 超ド級大自然の断崖 手打麓 下甑島 武家屋敷通   
島町久根市 長島郷   麓は構成されず、村毎に郷士は分散居住 阿久根麓 阿久根城の麓 知行914石・郷士215人の小郷  
姶良市 帖佐麓   島津義弘の御屋地跡 地頭仮屋跡 山田麓 △日露戦争凱旋門は珍しい  麓の形態は多    
重富麓 島津一門4家14,000石 島津家墓所     男爵 蒲生麓 地頭仮屋門 武家屋敷群  
加治木麓 島津一門4家10,000石 島津家墓所    男爵                  《うんにゃ・・いいや》  
霧島市 牧園麓 △踊城の麓 武家屋敷門数基 横川麓  横川城の麓 川北馬場に名残 木造の横川駅  
溝辺麓  郷士は分散居住   国分麓  舞鶴城の麓  朱門  
清水麓  清水城の麓 武家屋敷門多 重久麓 △武家屋敷門数基  
  日当山麓   日当山城の麓  敷根麓 △武家屋敷門数基    
福山麓  廻城の麓 壷黒ずの町 南方神社      
垂水市 垂水麓 △島津一門4家18,000石 お長屋 島津墓所 男爵 新城麓  新城島津家3,400石/垂水分家  島津墓所  
牛根麓  入船城の麓 広田家庭園            なんかかる・・もたれかかる》  
鹿屋市 鹿屋麓  本町&古前城町が麓、市街化  花岡麓  花岡島津家6,285石 島津墓所   
大姶良麓  大姶良城の麓 参河神社周辺 吾平麓  (あいら麓) 山古城の麓  
串良麓 地頭仮屋門 武家門数基 串良城の麓 高隈麓  高隈城の麓 武家門数基  
百引麓  西原城の麓 明治3年新設の麓 市成麓  市成島津家1,900石  面影無い  
曽於市 恒吉麓  日輪城の麓 岩川麓  伊勢家6038石  お仮屋跡   弥五郎どん祭り  
財部麓  財部城の麓 南方神社 末吉麓  地頭仮屋門  末吉城の麓    
肝付町 高山麓 二階堂家住宅  南方神社 弓張城の麓 内之浦麓  竪馬場を国道が拡張され名残無し  
錦江町 大根占麓  馬場麓  武家門数基 田代麓  勝尾城の麓 麓バス停のある景観 武家門  
 てこおどい
    (太鼓踊)
 
大崎/東串良 大崎麓 (大崎町)大崎城の麓  南方神社 名残無 東串良 (東串良町)熊野馬場  武家門あり  
南大隅町 佐多麓  伊座敷城の麓 旧薬園  知行3640石 根占麓  富田城(弥寝氏の居城)の麓  諏訪神社  
志布志市 志布志麓 志布志麓庭園   武家屋敷門多数 松山麓  松山城の麓   
西之表市 種子島麓  種子島家11,000石                男爵                      
【 宮 崎 】 鹿児島の麓 伊作太鼓踊 伊作太鼓踊 小松帯刀  篤姫 小小松帯刀  篤姫  小松帯刀  篤姫  
えびの市 真幸麓  まさき(馬関田郷+吉田郷)地頭仮屋跡は内竪 加久藤麓 △加久藤城の麓  武家屋敷門数基  
飯野麓  飯野城の麓    
宮崎市 高岡麓 天ケ城の麓 武家屋敷門数基良く保存 倉岡麓  倉岡城の麓 地頭仮屋跡 郷士120家  
穆佐麓  穆佐城/ムカサ城の麓 郷士220家  
都城市 都城領主舘 城島津家34,000石 島津墓地 米蔵屋敷門 男爵 梅北麓  都城島津氏の外城:梅北城の麓 麓バス停  
庄内麓  都城島津氏の外城:地頭仮屋跡 諏訪神社  
 田の神さあ 野々美谷  都城島津氏の外城:野々美谷城の麓   
  志和池麓  都城島津氏の外城:志和池城の麓 地頭仮屋跡  
地頭仮屋門 山田麓   都城島津氏の外城:地頭仮屋跡  
梶山麓  都城島津氏の外城:梶山城の麓   /三股町  
山之口麓 △ 薩摩藩寒天工場  真宗拷問石・かくれ念仏洞  
高城麓 △日和城の麓 武家屋敷 南方神社  
高崎麓  高崎町前田の麓 石敢当   
小林市&綾町 小林麓  小林城の麓 地頭仮屋跡 武家屋敷門と石敢石 須木麓  須木城の麓 須木大字下田561/仮屋跡  
野尻麓  野尻城の麓(東麓)  紙屋関所跡 綾麓 △綾城の麓 武家門数基 郷士298家  
高原町三股町 高原麓  西麓  地頭仮屋跡  勝岡麓  勝岡城の麓 地頭仮屋跡  
 南方神社 ミナカタ神社は諏訪大社系の分社で藩主の崇敬が厚かった。鹿児島県では多くが南方神社と名乗っている。  
 石敢当 セッカントウ。悪魔は直進のみで曲がらないので、道路の三叉路やT字路の突き当たる場所に建て悪魔の屋敷進入を防止する  
 田の神さあ タノカンサア。田んぼを守り、米作りの豊作をもたらす農業神。 今でも田の神講がある所もある。  
   
                             <直参旗本陣屋へ             since2008.04 
アクセスカウンター
 
             
薩摩藩唯一の城址、鶴丸城
知覧麓 と 蒲生麓