福山麓:福山の黒酢
福山麓:鹿児島県霧島市福山町福山  福山 麓   2009.10(伊作中三五会冠岳登山帰省)/2010.11(夫婦で帰省途次)/2013.11親友茂木君
廻城の麓に福山麓を形成。福山麓の地頭仮屋跡は旧福山小学校/福山支所隣。 南方神社/福山町福地 壷黒ずの町 石造りの家や石造りの蔵  
福山麓(郷):3か村・郷士565人・郷士人躰248人・総石高2,672石・郷士高1,104石(薩藩政要録:文政11年)。998戸・4,903人(地理纂考)。 
 福山麓の地頭仮屋跡と石垣にある井戸
福山麓の景観 

※ 2013.11の再訪は、東京在住の親友茂木君を福山麓の甕畑に案内、翌日は開聞岳に登る。両日とも晴れ。

福山麓の坂本酢造からの桜島は噴煙でかすむ

福山麓にはこのような風景が数多く見られる/壷黒ずの製造:坂本醸造の壺畑

福山黒酢の歴史: 江戸の藩政時代から、重要な商業地であった福山麓は黒酢の原料となる良質な米ときれいな湧き水、そして温暖な気候に恵まれており、黒酢造りには最適の麓町であった。この環境に着目した商人竹之下松兵衛により黒酢造りが始められたとされている。

石造りの家、蔵と福山麓の南方神社