日当山麓:日当山城
日当山麓の景観は西光寺に面影を残すのみ
Back

一国一城以外の城

日当山麓から日当山城(前方山)をのぞむ
日当山城への登城は道が泥濘しかなわず
日当山麓:鹿児島県霧島市隼人町西光寺 日当山麓 日当山麓探訪歴: 2012.03//2013.11A畏友茂木君との開聞岳登山途次
日当山城の麓に日当山麓が形成。結構点在した。初期の日当山麓の地頭、徳田大兵衛(1584-1634年)の住んでいた地頭仮屋は東郷の丸山医院付近 、大兵衛の石高は6石だったという。(霧島市教育委員会文化振興課S様ご教示)。 隼人塚
日当山麓(郷):4ケ村 ・郷士352人・郷士人躰158人・日当山郷総石高2495石・郷士石高455石((薩藩政要録:文政11年)。
隼人塚 
 隼人塚(はやとづか)霧島市隼人町ある塚で国の史跡です。
隼人塚の由来は、熊襲の祟り鎮めのため和銅元年(708年)に作ったという説と、養老4年(720年)の隼人の反乱における死者の慰霊のために作ったとい う説があるようです。
しかし江戸時代の地誌記録『三国名勝図会』によると「隼人塚」は現在の史跡隼人塚より約4キロメートル北東の国分重久付近にあるとされており、現在の史跡 隼人塚は平安時代後期に正国寺(廃寺)の前身寺院として作られたという説が有力になっているようです。 
日当山麓地頭仮屋跡徳田大衛(初期地頭)
の居住跡