手打麓
手打麓:鹿児島県薩摩川内市下甑島手打                                   (手打麓探訪:2012.10伊作35会甑島の旅21名)
手打麓の地頭仮屋跡は薩摩川内市下甑支所 。 手打麓(甑島郷全体):郷士1950人・郷士人体591人・総石高3517石・内郷士高1066石(薩藩政要録:文政11年)。明治初年の(地理纂考):総石高3579石・戸数3475戸・人口は士族4011人・平民11161人。
               戦前、欧米へ輸出していた
鹿の子ゆりは8月が見ごろ。 
甑島は承久の乱(1221年)後、小川氏が地頭として甑島を領有し13代400余年収めた場所である。太閤検地の文禄4年(1595)、小川氏は知行地を薩摩半島の田布施に移され、200余名で移住したが吹上浜で憤死、謀略死した。その後の甑島は島津氏が領有し、代官を派遣した代官所跡でもある。慶長16年(1611)からは甑島地頭が派遣され23代続いた。
Back
手打麓にある下甑郷土館
手打麓の景観            手打麓地頭仮屋跡⇒