綾麓:綾城
 /
 綾城
 綾城は元弘年間(1331年〜1334年)足利尊氏の家臣、細川義門がこの地方に下向を命ぜられ、その子義遠が綾を領有し、綾に山城を構え、綾氏と称した。綾氏は数代城主としてこの地方を治めたが、室町時代八代将軍義政のころ、都於郡城主、伊東氏の家臣となった。従って、綾城も伊東氏48城の一つとなり島津氏と戦う伊東方の重要な役割を果たした。その後、島津領となり、元和元年(1615)の一国一城令により綾城は廃城となり、綾麓が形成された。
   綾麓からの遠望
※綾麓には宮崎観光ホテルでの懇親会や2次会で伊作35会の旧友と親交を深めた翌夕に着いた。須木麓から照葉大吊橋をみて、宿泊先の公共の宿、綾川荘に着いたのは17:30。宿泊客は前日までの団体さんが去り、チラホラ。快晴の朝、8時に宿を出て、綾麓をユックリ散策した。
        綾麓に咲く皇帝ダリヤ
のんびりした景観が残る綾麓,、道の両側に武家門
綾麓の仮屋馬場に建つ地頭仮屋跡の門から綾城が見える
綾麓/綾城:宮崎県東諸県郡綾町麓   綾麓  2011.12伊作35会宮崎の旅途次
綾麓は綾城の麓に形成された。綾城跡は現在は歴史資料館。綾麓の地頭仮屋跡(現、田中家:綾町社会教育係御教示)から綾城を遠望できる。
綾麓(郷):2か村・郷士565人・郷士人躰300人・総石高4,436石・郷士高1,286石(薩藩政要録:文政11年)。385戸・1,276人(薩隈日地理纂考:明治4年)。
Back

一国一城以外の城址へ>