花岡麓
花岡麓:鹿児島県鹿屋市花岡町     花岡麓      花岡麓探訪:2009.10/2014.07更新
花岡島津家6,285石 花岡麓のお仮屋跡は鶴羽小学校  花岡麓(郷)領主、島津氏墓地/花岡町281
花岡麓(郷):2か村・家中士348人・家中士人躰179人・総石高1,584石・家中士石高694石(薩藩政要録:文政11年)。705戸・2,845人(地理纂考)

花岡麓の佇まい

/
 
 鶴羽城
 鶴羽城は正平年間(1346-70)に、楡井頼仲が築城したといわれている。享保9年(1724)、薩摩藩主島津継豊は叔父島津久儔を花岡の領主とした。久儔は鶴羽城の居館跡に仮屋を設けた。仮屋の前に花岡麓を設けた。以後、花岡島津氏が7代続き明治を迎えた。
花岡麓のお仮屋は中世の鶴羽城跡、現鶴羽小学校

一国一城以外の城址へ>

花岡麓の島津墓地

花岡麓
  島津家22代、継豊公が叔父の久陦に花岡の地を与えた。
  1742年から7代145年で明治を迎えた。