伊集院麓:地頭仮屋門
伊集院麓:鹿児島県日置市伊集院町   伊集院麓                             2008.04 //2011.11
地頭仮屋門は伊集院小学校に現存 有馬新七の墓/竜泉寺跡 伊集院麓の南方神社 妙円寺詣りで有名な徳重神社  麓の形態多少 
伊集院麓(郷):29村・郷士967人・郷士人体425人・総石高15,596石・郷士石高2,588石(薩藩政要録:文政11年)。
伊集院麓の地頭仮屋門/伊集院小学校 地頭仮屋跡から見た麓の景観
麓東
伊集院麓の南方神社/地頭仮屋隣地
有馬新七の墓//京都伏見の大黒寺にも墓はある 徳重神社/妙円寺詣りで有名
<妙円寺詣り> 1600年の関ヶ原の戦いで、西軍は敗退。西軍の島津義弘勢は撤退にあたり、徳川家康の本陣を突き破り、3日3晩走り、堺港から鹿児島に帰着した。これを風化させないために、旧暦の9月14日に鹿児島全県から歩いて徳重神社に詣でる行事は江戸時代から今も続いている。