藺牟田麓
藺牟田麓(イムタ) :薩摩川内市祁答院町(ケトウイン)  藺牟田麓                             2007.10探訪
 樺山家私領  藺牟田麓のお仮屋跡は藺牟田小学校  道路拡張により麓の形態が消滅。
藺牟田麓:1か村:家中士508人・家中士人体260人・総石高1,659石・内家中士高165石(薩藩政要録:文政11年)。305戸・1,537人(地理纂考)。 
御仮屋跡の藺牟田小学校 藺牟田麓の景観/国道拡幅で名残無い
                   石柱門                        小学校前の藺牟田麓バス停(同級生の真竹君提供写真/2008.010)

樺山久高(1560-1634年) 樺山家11代目
  1609年の琉球征伐の総大将。島津勢3000の兵で大島、琉球を征伐、島津氏の領土に実質的に組み込んだ軍事行動。
 この軍功により、志布志麓、出水麓、伊作麓の地頭を歴任。
この藺牟田の地を拝領した
 久高は1627年伊作地頭になった。

樺山久高夫妻の墓/日置市吹上町 伊作麓の伊作島津家墓地