加世田麓:別府城の麓
加世田麓 :鹿児島県南さつま市加世田武田   加世田麓                          2007.10探訪/2012.02 
加世田麓の地頭仮屋跡は加世田幼稚園  中世の別府城の麓に加世田麓を形成   武家屋敷多数 
加世田麓(郷):郷士2,853人、郷士人躰824人、総石高13,458石、郷士高3,555石(薩藩政要録:文政11年) 
                  加世田麓の地頭仮屋跡           加世田麓には武家屋敷門が多数残っている
加世田の思い出:中学生時代、勝ちゃん、春ちゃんと自転車で40分、竹田神社の夏祭りを見に行った。長姉の嫁ぎ先も加世田。

一国一城以外の城址へ>

 
 別府城 /別名、加世田城
 別府城は治承元年(1177年に)別府忠明によって築かれたという。 別府氏は桓武平氏良文流で忠明の時に別府を名乗り別府城を居城として代々続いた。応永27年(1420年)に島津氏降った。島津宗家勝久の跡目をねらった島津実久は嫡子貴久を勝久の養子として宗家を継がせた島津忠良と激しく対立するが、天文7年(1538年)島津忠良が猛攻を加えて攻め落とした。

 江戸時代は別府城の麓に、加世田麓が形成された


    
     ※伊作小学校3年の遠足で別府城・竹田神社に行く。