勝目麓
勝目麓 :鹿児島県南九州市川辺町中山田    勝目麓                                         2007.10探訪
勝目麓は中世の勝目城の麓に形成。 勝目麓は生垣等に面影はあるが屋敷は少なくなっている(家の跡継ぎが減少?)
勝目麓(山田郷):3か村・郷士580人・郷士人体49人・総石高2,818石・内郷士石高339石(薩藩政要録:文政11年)。
勝目麓は江戸時代は山田郷(上、中、下山田村)の麓であったが、明治になり、3か村が合併し勝目村になる。以後、勝目麓と称するようになった。
麓の一角にある公共の敷地、建物  :勝目麓の地頭仮屋跡
勝目麓の景色