勝岡麓:勝岡城
勝岡麓/勝岡城:宮崎県北諸県郡三股町勝岡1035 勝岡麓  2011.12
勝岡麓は勝岡城の南側の麓に形成。 勝岡納骨堂の道を挟んだ所に地頭仮屋跡(柱碑)。 
勝岡麓(郷):3か村・郷士418人・郷士人躰125人・総石高3,527石・内郷士高826石(薩藩政要録:文政11年)。 人口3,378人。

勝岡麓の景観

勝岡麓の地頭仮屋跡
 /
 勝岡城
 勝岡城は、島津家4代、島津忠宗の五男資久が文保2年(1318)に勝岡城を居城とした。 明応4年(1495)には伊東氏(都於郡城主)の持城となった。その後、島津領となる。 慶長4年(1599)の庄内の乱では伊集院氏方(島津家家老筋)の拠点の一つとなったが、元和元年(1615)の一国一城令によって勝岡城は廃城となり、その麓に勝岡麓が形成された。 

一国一城以外の城址へ>

Back