小林麓:小林城
小林城
小林城は、西・北・東の三方を岩瀬川が流れ堀の役割をなしている。南側は急な斜面となった丘に築かれた。小林城は、永禄9年に伊東義祐が島津氏に備えるために築城した。天正4年(1576)、伊東氏は高原城が島津氏に落とされためで野尻城へ後退し、小林城は島津氏の所領となった。、元和元年(1615)の一国一城令により小林城は廃城となり、小林麓が作られた。 
 
   
小林麓/小林城:宮崎県小林市上ノ馬場 小林麓  小林麓探訪歴:2011.12伊作35会宮崎の旅途次
小林麓は小林城の麓に形成。小林麓の地頭仮屋は国道265号の「上ノ馬場バス停」から須木方面に向かい左側(標柱)。 
小林麓(郷):7か村・郷士778人・郷士人躰350人・総石高9,853石・内郷士自作高1,733石(薩藩政要録:文政11年)。762戸・5,075人(地理纂考)。 
小林麓の武家屋敷外に建つ石敢当
一国一城以外の城址へ>
Back
小林麓の上ノ馬場・下ノ馬場付近
西南戦争で西郷どんが退却する際通過した道
小林麓の景観/向江馬場付近