国分麓:舞鶴城
国分麓:鹿児島県霧島市国分中央 国分麓 舞鶴城            2008.08/2009.10再訪(串良麓途次)
国分麓の地頭仮屋跡は舞鶴城の隣接地(現国分高校)   朱門    中央2丁目、4丁目辺りに麓の面影がある。           
 国分麓(郷):郷士家屋362、人数1315人、総石高21,966石(郷士高6313石、百姓高15,653高)、郷士一家族当たり石高17.43石 <薩隅日琉諸郷便覧>
突き当りが舞鶴城址/国分麓地頭仮屋跡
・国分麓は石柱門が多く見受けられる
・国分麓(郷)の郷士の石高17.43石/家族 は他郷に比べ高禄

一国一城の城址へ>

 高校時代のラグビー部の夏合宿は国分自衛隊。 国分自衛隊から鹿児島神宮までのランニングと階段20数回の登り降り・・懐かしい 国分麓
 舞鶴城:子息の家久に藩主を譲った島津義久が富隅城から慶長9年(1604年)から亡くなるまでの7年間過ごした。屋形造りの城址。 朱門が残っている。現状は国分小学校。
国分麓の風景