隈之城麓:二福城 
隈之城麓(くまのじょう麓) :鹿児島県薩摩川内市隈之城町                               2008.04 /2014.02
隈之城麓は二福城の麓に形成。 平佐領主北郷家が地頭を兼務多   隈之城麓の地頭仮屋跡は向田本町の藤之井旅館辺り/歴史資料館員様 
隈之城麓(郷):3か村・郷士956人・郷士人体361人・総石高6,396石・郷士高1,444石(薩藩政要録:文政11年)。1340戸・6,142人(士族2,093人・平民4,049人)(地理纂考:明治4年)。
隈之城麓に残る武家屋敷門
隈之城麓の景観

一国一城以外の城址へ>

 /
 二福城:隈之城小学校南側の丘の上
 二福城は、鎌倉時代にかかる1190年頃から「薩摩忠友」が居城していたとされています。 鎌倉期に島津氏が下向して以降は、島津一族が川内地方を支配下に置置いたがが、戦国期になると入来院が隈之城外の川内地域を制圧し、地頭を居所させた。 このように二福城は江戸期に入るまで薩摩氏から島津氏、また島津氏と入来院氏一族との度々の攻防があった。元和元年(1615)の一国一城令により、二福城は廃城となり麓に、隈之城麓が形成された。
 
二福城の遺構は殆ど見当たらない