倉岡麓 :倉岡城
 /
 倉岡城
倉岡城は、応永年間に島津久豊が築城した。 久豊は、応永32年(1425)没し、倉岡城は伊東氏の所領となった。
 永禄年間、伊東48城に数えられた城で、野村隠岐守が城主であった。 しかし、天正5年(1577)今度は島津氏の所領となり家臣吉利久金が城主となった。元和元年(1615)の一国一城令にて倉岡城は廃城となり江戸期は倉岡麓が形成された。。 
   
 倉岡神社の裏側道に登城口がある  倉岡城から大淀川を望む
   
倉岡麓/倉岡城:宮崎県宮崎市糸原3458番倉岡麓  2011.12
倉岡麓は倉岡城の麓に形成。倉岡麓の地頭仮屋跡は豊岡氏宅(糸原3458番で倉岡神社駐車場の真向いの家/宮崎市文化財管理係様御教示) 
倉岡麓(郷):2か村、郷士229人・郷士人躰120人(郷士家120軒)、総石高1,592石、内郷士自作高536石(薩藩政要録:文政11年) 
一国一城以外の城址へ>
武家屋敷門がかろうじて一基残っていた。
この日、倉岡神社の祭りが行われていた。
倉岡麓の地頭仮屋跡(豊岡氏宅)の生垣
Back