栗野麓
栗野麓 :鹿児島県湧水町栗野  栗野麓                 2008.04探訪は雨//2008.08吉松麓の途次再訪 
 栗野麓は松尾城の麓に形成。 栗野麓の地頭仮屋跡は栗野小学校(JAあいら広報誌)  丸池湧水  麓の形態は少  
 栗野麓(郷):7か村・郷士485人・郷士人躰264人・総石高8,130石・内郷士自作高1,294石(薩藩政要録:文政11年)。981戸・4,007人(地理纂考)。
栗野麓地頭仮屋跡の栗野小学校 武家屋敷門
                                         栗野麓の景観
  栗野駅裏の丸池湧水/名水100選 
  ・ 
栗野城/松尾城 
栗野城/松尾城:中世を通じて砦があり、北原氏が城主だったが、戦国の末期、島津氏が3州を統一し、天正18年(1590年)には島津義弘が飯野城から移り、帖佐に移るまで満5年間居城とした。豊臣秀吉の命による朝鮮出兵は当城から出陣した。
 元和元年(1615)の一国一城令により栗野城は廃城。
栗野城址:南九州唯一の石垣の山城跡    
一国一城以外の城址>