都城領主舘 :都城麓 
都城領主舘/都城麓:宮崎県都城市御城町    都城領主舘                2010.03//2011.11再( 35会宮崎夜会の途次)
都城島津家(北郷家)34千石・維新後男爵 薩摩藩最大の藩内領主のため、領地内に6麓を置いた(梅北・庄内・梶山・志和池・山田・野々美谷)  
都城郷:26か村・家中士4397人、家中士人躰2351人、総石高34,124石、内家中士自作高13,267石 (薩藩政要録:文政11年) 私領は郷士→家中士。
都城麓の領主舘跡は市役所  米蔵屋敷現在門/攝護寺  都城領主、島津家菩提寺の龍峯寺跡と墓地
                                   都城領主舘跡の市役所
米蔵屋敷跡の現在門
                                      御城町に残る武家屋敷門
 都城島津邸(明治以降の遺構) 早鈴町13地区に残る武家屋敷門//2011.11宮崎地方は濃霧注意報発令中 
                                  都城領主、島津家菩提寺龍峯寺跡の島津墓地
 .
 都城:都城市都島町
 都城は天授元年(1375年)北郷義久によって築かれた。 北郷氏(ほんごう)は島津忠宗の六男資忠が戦功をあげ、北郷を所領し北郷氏を称した事に始まる。北郷氏は2代義久の時、都城を築き居城として以来、(天正15年(1587年)から慶長5年(1600年)までの間に一時伊集院氏の領地となったが)元和元年(1615年)の一国一城令で都城が廃城となった後は、都城領主舘で明治まで続いた。都城
都城址(1615年の1国1城令により廃城) 都城址にある歴史資料館