百引麓(もびき):鹿児島県鹿屋市輝北町百引         百引麓の景観  百引麓の武家門百引麓 2009.10
西原城のふもと  百引麓は明治3年に出来た麓。明治3年、薩摩藩が常備隊を編成したときに、士族数が少なく1小隊の編成が出来なかったので郷の廃合をおそれて、3か村10部落に散在していた郷士130戸が百引に移住、(地頭仮屋)役場も移した。
百引麓(郷):3か村:郷士312人・郷士人躰193人・総石高3,313石・郷士石高986石(薩藩政要録:文政11年)。 565戸・2,334人(地理纂考)。
明治になってからの役場/輝北町支所
石造りの蔵がある風景
拡幅された国道脇に建つ武家門