穆佐麓:穆佐城
穆佐麓/穆佐城:宮崎県宮崎市高岡町小山田 穆佐麓  2011.12
穆佐麓は穆佐城の麓に造られた。穆佐麓/ムカサ麓の地頭仮屋跡は穆佐小学校(宮崎市教育員会文化財課様教示)。 
穆佐麓(郷):3か村、郷士347人・郷士人躰219人(220軒)、総石高3,878石、郷士自作高1,435石(薩藩政要録:文政11年) 

一国一城以外の城址へ>

穆佐麓の景観/道筋突き当りの白い建屋 ↑→ が地頭仮屋跡の穆佐小学校/穆佐城の登城口から撮る
Back
 穆佐城
南北朝時代の元弘年間(1331-34)、この地が足利尊氏の所領となると、土持氏・伊東氏・肝付氏などで攻防が繰り広げられた。その中でも、日向国守護畠山直顕は穆佐城を拠点として、大隅国まで勢力を広げた。その後、島津氏と伊東氏が覇権を競う。応永10年(1403)穆佐城に島津久豊(後の第8代島津家当主)が入城した。その後、文安2年(1445)から約130年余、伊東氏が支配したが、天正5年(1577)再び島津氏が支配した。元和元年(1615)の一国一城令で穆佐城は廃城。 
穆佐城は国指定史跡/穆佐小学校の裏側に駐車場があり、そこが穆佐城の登城口で説明板が建っている。