長島郷:長島麓
長島郷:鹿児島県長島町   長島麓 2008.09
 長島郷の地頭仮屋跡は長島町役場 藩校明倫館分館跡 堂崎城址 長光寺/堂崎城主天草越前正の位牌所 
長島は麓集落は形成されず、郷士は各村に分散居住した。城川内の6割は郷士だったという(社会教育課長ご教示)
 長島郷:11か村・郷士1,138人・郷士人体399人・総石高3,428石・内郷士高1,146石(薩藩政要録:文政11年)。1,980戸・9,500人(県地誌)。
長光寺//城川内
長島町は現在は橋で渡れるので、島でなく半島のようなもの/唐芋畑が続く・・・芋焼酎の原料
藩校の明倫館分館跡:城川内の伊勢神社脇に建っている//伊勢神社階段に咲いていたハイビスカス
城川内にて
長島郷の地頭仮屋跡
 /
 堂崎城:長島町城川内
 堂崎城は海に突き出た岬が天然の要害となっている。登城口の石段は素朴な自然石を並べたものであるが、当時の遺稿として貴重である。その他土塁・石塁も一部残っている。 <長島氏の支配> 長島氏は天草氏の一族で、鎌倉時代初期から長島を領有し、長島氏を称して堂崎城に居城した。南北朝時代に勢いを得、室町時代には天草八氏の一つに数えられた。しかし、天文23年(1554)長島鎮真のとき人吉の相良氏の強圧にたえかね、薩州島津家を頼って出水に逃れた。  <堂崎城の落城> その後、堂崎城には天草越前正が入城していたが、野田郷の島津忠兼は長島攻略を決意し、永禄8年(1565)3月、堂崎城に一気に攻めかかり、堅城の堂崎城もついに落城した。城主堂崎正は切腹して果て、位牌は長光寺に安置された。そして長島はこれを契機に薩摩領となったのである。
  堂崎城址への石段と本丸跡の若宮神社

一国一城の城址>