根占麓:鹿児島県肝属郡南大隅町根占北    根占麓  根占麓探訪:1981.08//2010.03//2014.07更新
根占麓の地頭仮屋跡は神山小学校  野間城・富田城の麓  祢寝氏累代の墓  諏訪馬場・針馬場・横馬場の地名  薩英戦争時の台場跡 
根占麓(郷):5か村・郷士549人・郷士人躰298人・総石高7,293石・郷士石高506石(薩藩政要録:文政11年)。1,289戸・5,069人(地理纂考)。

根占麓で歯医者を開業している高校時代の友人を
訪ねた。加治木饅頭を頬張り、タンカンの土産

根占麓の諏訪馬場辺りの石柱武家門

ここ根占は戦国時代までは大隅の有力国人、祢寝氏が富田城を居城としていた。1596年、島津氏の軍門に下った祢寝氏は吉利麓へ領地を移された。吉利では改姓し<小松>を名乗る。
  根占にある4代から16代までの祢寝氏累代のお墓

薩英戦争の台場跡
 1862年、横浜の生麦で、英人が島津久光の行列を乱したとしてリチャードソンを惨殺し英国と薩摩が戦争になった。
その際に構築した大砲の台場跡

根占麓の地頭仮屋跡の神山小学校(上の写真右側)と門前に残る武家門、屋敷は残っていない/更地
諏訪神社門前にある諏訪馬場