野尻麓:野尻城
野尻麓 /野尻城:宮崎県小林市東麓 野尻麓   2011.12
野尻麓は野尻城の麓に形成。野尻麓の地頭仮屋跡は現野尻町庁舎。紙屋関所跡。東麓石窟仏。伊集院忠真の墓。 
野尻麓(郷):5か村:郷士620人・郷士人躰272人・総石高4,047石・内郷士自作高1,326石(薩藩政要録:文政11年)。553戸・2,256人(地理纂考)。
地頭仮屋→旧小学校→野尻庁舎
 /
                      野尻城:小林市野尻町東麓字牟田原/城之下川を渡り直ぐに右折、案内版あり。
 野尻城は、城之下川が湾曲する南岸にある丘に有る。現在、本丸・二の丸とも農地となり、本丸の畑の片隅に井戸と案内板が建っている。 
野尻城は天文年間に伊東氏が築城したという。天正5年(1577)から島津氏の城となり島津氏家臣が城主となる。元和元年(1615)の一国一城令で野尻城は廃城となり、麓に野尻麓が形成された。
Back

一国一城以外の城址へ>

伊集院忠真:島津家家老伊集院忠棟の嫡男。父の忠棟が誅殺され「庄内の乱」を起こす。敗戦後、忠真は帖佐2万石を領したが、謀反の疑いでこの地で討ち取られた。
野尻麓の景観
紙屋関所跡:薩摩藩9ケ関の一つ →
 野尻麓の一角にあった小さな社  伊集院忠真の墓  東麓石窟仏