野々美谷麓 :野々美谷城
 野々美谷麓 /野々美谷城 :宮崎県都城市野々美谷町                                        2011.11
野々美谷麓は、麓バス停以外には何も残っていない、ガッカリ。 (野々美谷麓は都城島津氏の外城の一つ)。
             江戸の名残が全く失われた麓                        唯一<麓>というバス停が残っていた 
   ・
 野々美谷城
 野々美谷城の築城年代は定かではない。 応永元年(1521年)島津元久と北郷義久が攻め落とし、樺山音久を城主とした。
大永元年(1521年)には樺山長久を大隅国小浜に移し、北郷氏の所領となり北郷尚久が城主となった。 大永3年(1523年)、伊東尹祐が大軍を持って攻め落としたが、大永11年には北郷氏(都城島津氏)が取り戻した。秀吉による九州統一後、野々美谷城は伊集院氏の所領となったが、庄内の乱の後、北郷氏(都城島津氏)の所領に戻り、元和元年(1615)の一国一城令によって野々美谷城は廃城となった。
   
 野々美谷城は大淀川にそって東西に長細い丘陵にあるが、殆ど忘れられた城址。 本丸辺りには神社が祭られている。 
                                            Back             一国一城以外の城跡へ>