桜島麓
桜島麓:鹿児島市桜島横山町   桜島麓                                 2009.10伊作三五会冠岳登山帰省/2010.11再訪
桜島麓の地頭仮屋跡は桜島ユースホステル(地頭仮屋⇒桜洲尋常高等小学校⇒ユースホステル)  大正噴火(大正3年、1914年)により小学校は流れてきた溶岩の下、30mに埋没した。当然に周りの麓集落も埋没。 この大正噴火の時に桜島と大隅半島が陸続きになった。桜島麓に鎮座の南方神社。
  桜島の思い出。 @小学校6年の修学旅行  A高校時代の桜島から磯浜までの錦港湾横断遠泳
桜島麓:18か村・郷士1,249人・郷士人躰604人・総石高2,705石・郷士自作高654石(薩藩政要録:文政11年)。戸数2,125戸・人口11,429人(地理纂考)。 桜島麓  
桜島麓の地頭仮屋跡から望む桜島には今日も噴煙が上がる
(牛根麓、福山麓、敷根麓等の探訪途次)
桜島麓の地頭仮屋跡、桜洲尋常高等小学校埋没碑
桜島麓の南方神社:桜島武町の大久保バス停から山側に入った所                                   2010.11参詣 小雨
大噴火
 麓は溶岩の下
  に埋没