重富麓/平松城 
 /
 平松城
天文23年(1554年)、島津貴久は渋谷氏の一族祁答院良重の岩剣城を攻めて落城させた。島津貴久は、その岩剣城主に次男義弘を据えた。義弘は、岩剣城の城域が狭隘で不便なこともあり、山麓に平松城を築城して移った(現、重富小学校)。
平松城は一国一城令(1615年)で廃城。その後、元文2年(1737年)に藩主島津継豊の弟忠紀が越前島津家を再興し、この地を重富と名付け、平松城跡にお仮屋を、その前に重富麓を構築した。
 
平松城⇒お仮屋⇒重富小学校  平松城 
重富麓/平松城: 鹿児島県姶良市平松   重富麓                                    重富麓探訪: 2007.10/2014.07更新
重富島津家14千石・男爵  重富麓のお仮屋跡は平松城跡の重富小学校  重富麓領主、島津墓所/紹隆寺跡  麓は良く残っている
重富麓(郷):4か村・家中士567人・家中士人体364人・総石高3,270石・内家中士高863石(薩藩政要録:文政11年)。985戸(内士族421)・3,779人(内士族1,409人).。 
重富麓に残る武家屋敷門
重富麓仮屋馬場
重富麓のお仮屋跡

重富麓領主の重富島津家累代の墓/紹隆寺跡

一国一城以外の城址>