志和池麓:志和池城
志和池麓/志和池城: 宮崎県都城市上水流町古城  2011.12伊作35会宮崎旅の途次
志和池麓は志和池城の麓に作られた。 都城島津氏の外城の一つ。 志和池麓の地頭仮屋跡は現、上西ふれあい研修館(上西自治 公民館)
志和池麓の 地頭仮屋跡、上西ふれあい研修館 志和池城の登城口に入り、20mぐらいの右側
志和池麓と六地蔵 /(宮崎県は濃霧注意報発令中の探訪)
 
 志和池城
 
志和池城は、城の南側と東側は大淀川が流れ、小高い丘の上に築かれた城だ。古来から本郷氏・北原氏・伊東氏などの争奪の的となった要衝である。
 志和池城の築城に関する詳細は不明だが、文明17年(1485)頃は島津忠尭(のちの志和池氏)が在城している。
庄内の乱では伊集院勢がたてこもり、島津方の兵糧攻めにあり、飢餓にたえながら、降伏まで持ちこたえ、乱平定後は再び北郷氏(都城島津氏)の領するところとなったが、元和元年(1615年)一国一城令で志和池城は廃城となった。
Back