庄内麓:安永城
庄内麓 /安永城 :宮崎県都城市庄内町   (庄内麓は都城島津氏の外城の一つ)  2011.11
庄内麓の地頭仮屋跡は安永城登城口左の小公園(地頭仮屋跡掲示板有) 薩摩藩の麓によく見うけられる諏訪神社  釣璜院跡
薩摩藩の麓に数多く鎮座する諏訪神社
庄内麓の景観
この通りに昔ながらの武家門が見られる
庄内麓の地頭仮屋跡(地頭仮屋跡の掲示板有)
 安永城
 安永城は応仁2年(1468年)に北郷敏久が築いた云われる。豊臣秀吉によって九州が統一されると安永城は伊集院氏の所領となったが、庄内の乱の後は北郷氏(都城島津氏)の所領に戻った。元和元年(1615)の一国一城令によって安永城は廃城となった。
釣璜院跡:都城島津氏(北郷家)2代・4代・5代・7代(北郷数久)の墓塔
Back

一国一城以外の城跡へ>