田布施麓
      田布施麓バス停            田布施麓、道路突当りの石敢当               尾下麓(おくだりふもと)
田布施麓 :鹿児島県南さつま市金峰町尾下麓      田布施麓の景観 田布施麓 2007.10探訪/2011.11再訪
田布施麓は亀ケ城の麓に作られた  石垣といぬ槙の生垣の麓地区は面影がある 尾下南方神社  麓の一角の田布施小学校が地頭仮屋跡
 田布施麓(郷):4か村・郷士786人・郷士人体356人・総石高6,707石、郷士自作高676石(薩藩政要録:文政11年)。1500戸・7,432人(地理纂考)。田布施麓
 /
 亀ケ城
亀ケ城址は、島津家代15代藩主、貴久公をまつる亀ケ城神社境内の一帯の地。島津友久は島津本家を継がず、この城(田布施・伊作・高橋)の初代領主となる。2代は運久、3代の日新公は1512年、21才の時に伊作城からこの城に移ってきた。
 
 田布施麓の道路突き当たりの小山が中世の亀ケ城跡

一国一城以外の城>

           田布施麓に鎮座する尾下南方神社/五穀豊穣を祈願するお田植踊りは毎年4月29日。

田布施麓の地頭仮屋跡は
現在の田布施小学校

田布施麓の武家屋敷門
田布施麓/尾下麓(おくだり麓)の風景