高江麓:峰ケ城
高江麓 :鹿児島県薩摩川内市高江町   高江麓                       高江麓探訪:2008.04/2014.07更新 
峰ケ城の麓/峰山小学校  高江麓の地頭仮屋跡は仮屋橋近辺/歴史資料館員様  南方神社  江之口橋/石橋  高江麓の形態は残る 
高江麓(郷):3か村・郷士344人・郷士人体132人・総石高3,320石・内郷士高281石(薩藩政要録:文政11年)。678戸・2,826人(内士族1,513人)「県地誌」
高江麓の景観 石垣といぬ槙の生垣

一国一城以外の城址へ>

南方神社 高江麓バス停 江之口橋:1849年架設
 /
 峰ケ城
峰ケ城は峯山小学校敷地から後方の高台一帯にあった。 南北朝時代に島津氏5代貞久(1269〜1363)が築城し、入来院氏、東郷氏、高城氏等と交戦変遷し、元亀元年(1570)島津氏領となる。元和元年(1615)一国一城令により峰ケ城は廃城し、江戸時代は峰ケ城麓に高江麓を形成した。
高江麓の武家門