高城麓:日和城
高城麓 /日和城 :宮崎県都城市高城町大井手2643 (タカジョウ麓) 高城麓探訪: 2011.12
高城麓は日和城の麓に作られた。 高城麓の地頭仮屋は日和城の内城(現、高城商工会館敷地)に建てられた。麓景観・武家屋敷が数基現存している。 
高城麓(郷):7か村、郷士472人・郷士人躰233人(郷士家は240家)、総石高9,810石、内郷士自作高1,792石(薩藩政要録:文政11年)
 /
 日和城
 郷土資料館が城跡で、資料館が模擬天守の形をしている。 日和城は元弘年間(1331-34)に肝付兼重が築城した。兼重は、日和城に南朝方の錦の御旗をひるがえし、北朝方の畠山軍と戦ったが、延元4年(1339に落城した。その後、畠山氏、和田氏、島津氏と城主が変わった。明応4年(1495)、伊東氏と領地を交換し、伊東氏が領したが、北郷忠相(都城島津氏)が伊東氏を追い出した。戦国時代の終わりには伊集院氏が領有したが、庄内の乱後、又北郷氏(都城島津氏)のものとなった。元和元年(1615)一国一城令により日和城は廃城となった。

一国一城以外の城>

商家:後藤家分家
高城麓の地頭仮屋跡碑が建っている
←新穂家47石
Back
吉田家50石
青出家50石→