高岡麓:天ケ城
高岡麓 /天ケ城:宮崎県宮崎市高岡町内山 高岡麓   高岡麓探訪:2011.12伊作35会」宮崎旅の途次
高岡麓は天ケ城の麓に形成。地頭仮屋跡は高岡小学校。高岡麓には武家屋敷門が数基、市指定にされ保存されている。
高岡麓(郷):12か村、郷士1,478人、郷士人躰749人(752軒)、総石高19,159石、内郷士自作高10,335石(薩藩政要録:文政11年)

一国一城以外の城址へ>

観音開門の腕木門の長野家、槍術指南の家柄
観音開門の腕木門の神崎家、兵術の家柄
市来家長屋門、真影流師範役
高岡麓の麓筋
観音開門の腕木門の河上家280石、弓術の指南役
観音開門の腕木門の安藤家、93石の上級武士(佐土原から召し出された)
練士館跡/剣・弓・槍・鉄砲の修練と学問所
高岡麓の地頭仮屋跡/高岡小学校
                   高岡麓の麓筋                     高岡郷士の菩提寺、龍福寺仁王尊
Back
 天ケ城/日向高岡城
 天ケ城/日向高岡城は去川の関外にある島津領防衛のため、慶長5年(1600)に島津義弘によって築城され、比志島国貞を初代地頭として配置した。元和元年(1615)の一国一城令によって天ケ城/日向高岡城は廃城となったが、外城の高岡麓を形成。
 天ケ城/日向高岡城跡は天ケ城歴史民俗資料館が建つ  天ケ城/日向高岡城から高岡麓を眺める